砥山と共に繁栄 
砥石
行者山
(まさおはん)
京都交通バス
My home town へ
宮本酒店
9号線亀岡間一部未舗装の時代 農協倉庫前から たっちゃん前まで 30年代後半すでに舗装 倉庫前でローラースケートが流行る!
妙見街道
(たけっさん)
負の遺産(硅肺)を携えながら…
権現さん
(りいっちゃん)
天神さん
(きくおはん)
宮川
製材所
(きくおはん)
(みーやん)
マッタケ屋
神前区
養玄寺
なめら  (佐伯砥)
大谷田  (青砥)
宮川農協
滝ヶ谷  (門前)
(たっちゃん)
若林
ヤクルト レディー おこちゃん
(ゆうぞはん他2人)
梅
宮川
(あさいっつぁん)
(えーやん)
砥 石
井内電気商会
(大渕)
砥 石
川
たこ焼き 看板娘由美子さん
(たかおさん)
1955〜1964
砥 石
砥石
火薬庫
『これどマッタケ』 マッタケのスペシャリスト
(青砥)
八木かしわ店
魚芳
吉岡輪業
(としろはん)
昭和30年代
秋葉神社
旧山陰道
(ゆうぞうはん)
砥石
30年代探検隊
(よしつぐさん)
臨済宗南禅寺派
(じろちゃん)
本
(しょうじさん」)
(つねいっつぁん)
(ひさおさん)
饅頭屋
、
(ひょうぞはん)
岩ヶ谷  (めつけ)
ヤクルト屋
あんまのタキやん
うどん屋たっちゃん
宮川農協  養鶏部
昭和20年代B へ
昭和30年代B へ
通称『反対山』 露天掘り
砥山は個人山で 最盛期、猪倉では 7,8人が働いていた。
大枝宿至
(あさいっつぁん)
* 敬称略・愛称使用致します。お許しください!
鯉屋はん
祭神に彦火々出見命・ 大山祇命・野椎命を祀る!
(まさゆきさん)
藤太商店
猪倉公民館
(あさいっつぁん)
安政2年(1855年)に 「光秀公首塚」の石碑を建立 昭和57年に始まった 光秀祭り行列の出発点になった。 咲き誇る桔梗の花のごとく 檀家の人々の心も綺麗 ?!
大渕  (青砥)
檀家の名前からして、 地元猪倉では『金持ち寺』と 呼ばれていた!
ふるさとマップ
法会は7月25日 とり貝寿司が作られる。
大末
(おおずれ)
谷性寺
篠葉神社
真言宗大覚寺派
藤村酒店
宮川地区
猪倉地区
  竹 神離(ひもろぎ)教会
呉服行商  おてちゃん
磨き砂採取地
Back
Top
(ひょうぞはん)
。
法会は9月17日 奉納相撲あり、出店が数軒 宮川小学生は授業が 午前中で終わりであった!
(門前)
丹波交通
inserted by FC2 system